またいちの塩ができるまで

玄界灘の内海と外海がちょうどぶつかり合い、山と海の豊富なミネラルが混ざりあっている。そんな場所で、またいちの塩は作られています。

糸島半島の西側の海岸線をひたすら走り続けると、
アスファルトの道が砂利道になり、
その先にあらわれるのが製塩所「工房とったん」。
海と森のあいだで、またいちの塩を作り続けてきました。

ひとけのない工房前の海は、玄界灘の内海と外海がちょうどぶつかり合い、
山と海の豊富なミネラルが混ざりあうところ。
週に一回あるかないかの、ほれぼれするくらい海がきれいな日に、
塩づくりの海水を汲み上げます。

くみ上げた海水を、立体塩田の上から竹を伝わせて、
10日間循環させていきます。
栄養豊かな海水が、太陽と風の恩恵を受けて、徐々に濃度を上げ、
潮の香りが旨みをおびていきます。

ただただゆっくりゆっくり。つたい落ちつづける海水。
風が強すぎたり、湿度が高すぎたり、雨天ではどうすることも出来ません。
この行程は梅雨時には1ヵ月もかかってしまいます。

濃度が濃くなった海水を塩田から平釜に移し、
スープを作るようにゆっくりゆっくり煮つめていく、
海水は飴色になり、3日たった後に、
ようやく塩の結晶があらわれる。

大きい釜で2日、小さい釜で1日。
その翌日すべての条件が満たされた時にまるで偶然のように、
朝、釜の上に塩の花が浮かぶ。
この華やかな一番結晶は、2、3ヶ月自然乾燥させて「花塩」になる。
出来る量に限りのある贅沢な味わい。

薪を焚き、海水を煮つめ、
一番美味しくなる温度を保って結晶をすくい、
杉の樽で一晩寝かせる。これが「またいちの塩」。
さらにじっくりと鉄釜で煎る。これが「焼塩」。

またいちの塩づくりは、すべてが手作業。
手加減で塩は美味しくなる。

またいちの塩ができるまでを動画で見る

more

工房とお店 工房とお店

工房とったん

製塩所工房とったん

糸島半島の西側、海岸の突端にある製塩所。塩ができる工程を見学していただけます。

季節屋

またいちの塩 販売店新三郎商店
(旧店名:季節屋)

またいちの塩はもちろん、しおをかけてたべるプリンや、スタッフおすすめの器や雑貨も販売しています。

イタル

ゴハンヤイタル

かまどで炊いたご飯とその日に仕入れた糸島の旬の食材を、またいちの塩でさらに美味しく。築100年以上の古民家でのんびりとどうぞ。

Sumi Cafe

喫茶室SUMICAFE

またいちの塩を使ったデザートや軽食が楽しめるカフェ。100年以上前の農家の馬小屋だった建物です。

玄界灘プリンセンター

玄界灘プリンセンター

またいちの塩の「しおをかけてたべるプリン」を、地元の新鮮な素材を使って毎日作っています。

ページのトップに戻る